にきび跡はレーザーで消す時代|君も美肌に

婦人

整形による改善法

頬を触る女性

メイクで隠すことができないしわには、短時間で終わるうえに、安全で低価格なプチ整形に人気が集まっています。また、美容クリニックで行われるしわ治療は、しわの種類によって薬品や施術方法を使い分けているのです。

View Detail

美容を目的とした治療

先生

美容皮膚科は皮膚に関する美容を追求していくところであり、皮膚科で行われる皮膚疾患の治療とは異なります。美容皮膚科ではヒアルロン酸の注入やレーザー治療、そしてリフトアップなども行われています。メスを使わない治療がほとんどなため、美容皮膚科を選ぶ人も増えてきています。

View Detail

卵肌を目指しましょう

目を閉じる女性

敏感な術後肌のケアは大切

にきび跡には、レーザー治療が効果的です。しかし、治療の後は、肌が敏感になっているため、いくつかの事を気をつける必要があります。まず、レーザー治療をした日は、化粧をしないことです。施術後の肌は、細かく穴が開いた状態になっているため、そこの化粧品が詰まると、炎症を引き起こす原因となります。次に、肌をこすらないことです。にきび跡がどれだけ改善したのか触ってみたくなりますが、術後すぐは、肌がざらついた状態なので、自然に皮が捲れるまで放置しておくことが大切です。また、紫外線の影響をもろに受けてしまうので、しっかりと日焼け止めを塗ることも忘れないようにしましょう。乾燥を防ぐために、保湿を行うことも重要です。

皮膚細胞の総入れ替え

ニキビ跡のレーザー治療には4種類の方法があり、それぞれに特徴があります。一つ目はフレクセルレーザーで、にきび跡のある肌に極小の穴を無数に開け、皮膚細胞を入れ替える方法です。月に1回のペースで4回ほど行うと効果が得られます。二つ目はブリッジセラピーで、炭酸ガスレーザーを肌に照射し、皮膚細胞の入れ替えを行います。フレクセルレーザーと似たメカニズムですが、より早く効果が得られます。三つ目は炭酸ガスレーザーで、クレーターをレーザーで削り取る方法です。デコボコしたクレーターのようなにきび跡に効果的です。四つ目はクールタッチレーザーで、レーザーとともに冷却ガスを噴射するため、肌に負担の少ない方法です。肌への負担が少ないのが特徴です。